議長不信任案など否決、自民が審議復帰…衆院(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 26日 懸賞

 衆院は25日の本会議で、自民党が提出した松本剛明議院運営委員長(民主党)の解任決議案と横路議長の不信任決議案を、与党などの反対多数でそれぞれ否決した。

 自民党は両決議案の採決を機に審議に復帰し、国会は正常化した。与党は衆院予算委員会で審議中の2010年度予算案について3月2日までの衆院通過を図る方針だ。

 松本氏の解任決議案には、自民党と公明党、みんなの党が賛成した。横路氏の不信任決議案に賛成したのは自民党だけで、公明党とみんなの党は棄権した。共産党は両決議案に反対した。

 自民党は民主党の小沢幹事長らの国会招致などを求めて22日から審議欠席を続けてきたが、25日の臨時役員連絡会で、審議復帰を決めた。

 本会議では両決議案の採決に続き、高校授業料無償化法案の趣旨説明と質疑を行った。

27都府県、単独事業増加…国の補助事業削減で(読売新聞)
ボンドの2000GTも…往年の名車、夢の競演へ(読売新聞)
消防機関からAED不具合の疑い事例報告328件(医療介護CBニュース)
青少年育成センター副所長を逮捕=女子中生にわいせつ容疑、否認−徳島(時事通信)
シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」(産経新聞)
[PR]

by y9e60vxzaj | 2010-02-26 18:25

<< 山本病院理事長、手術の際に結紮...   事務会合メンバーが原爆資料館訪... >>