ラッコが暴食、漁協の育てたウニ3トン全滅(読売新聞)

懸賞 2010年 03月 19日 懸賞

 北海道根室市の納沙布岬周辺で、歯舞漁業協同組合が育てていたエゾバフンウニ約3トンがラッコに食べられ、ほぼ全滅状態になっていることが分かった。

 被害額は判明しているだけで約500万円に上るという。同岬周辺では、釧路川に現れて話題となった「クーちゃん」など6匹のラッコが目撃されているが、ラッコは捕獲が禁止されている。同漁協は国や道と対応を協議する考えだ。

 同漁協によると、今月4日から始まったウニたも網漁で、殻の割れている中身のないウニが大量に見つかり、ダイバーによる潜水調査の結果、ほぼ全滅状態であることが確認されたという。根室市歴史と自然の資料館の近藤憲久・学芸主査は「殻の断面から見てラッコの食害以外には考えられない」としている。ラッコはウニやカニが好物で、成長すると1日に10〜12キロを食べるという。

 ラッコの食害は、2003年に襟裳岬周辺でも報告されている。ラッコの食害は別の漁場にも見られているといい、同漁協の伊藤康彦常務は「漁業者にとっては死活問題で、道や国と対応を協議したい」と述べた。

最後のラブレター「遺言信託」 相続の争い解消…自筆は問題も(産経新聞)
将棋 三間飛車対居飛車…王将戦・第5局(毎日新聞)
<正倉院>修理工期延長へ(毎日新聞)
リコール済み生ごみ処理機が発火=ヤンマー、他社製品と無償交換へ(時事通信)
シー・シェパード元船長立ち合わせ実況見分(読売新聞)
[PR]

by y9e60vxzaj | 2010-03-19 00:25

<< 押尾学、接見弁護人に弱音 ファ...   道州制で静岡県は分裂? 浜松市... >>