成田足止めの外国人旅行客に、どら焼き差し入れ 茨城空港土産(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 25日 懸賞

 アイスランドの火山噴火の影響で成田空港に足止めされている乗客らに一息ついてもらおうと、水戸市の老舗菓子店、亀印製菓(同市見川町)が21日、3月に開港した茨城空港の土産品「茨城空港どら焼き」を無料配布した。

 茨城県をPRする「いばらき夢ガイド」とマスコットキャラクター「ハッスル黄門」が、成田空港第1、第2旅客ターミナルで搭乗便を待つ外国人乗客に、どら焼き500個を差し入れ。茨城県広報広聴課によると、帰国便などを待ちくたびれていた乗客らは甘い差し入れに「また日本に来たい」などと喜んでいたという。茨城空港のイメージアップにつながったか。

【関連記事】
噴火の混乱に乗じぼったくり ローマ空港タクシー
野田秀樹氏、噴火影響で舞台製作発表中止
ロンドン・マラソン、火山噴火の影響でワンジルらの移動に特別機
火山灰パニック 鈍すぎる政府の危機対応
欧州の空ようやく再開 続く火山活動 正常化いつ

官房副長官、徳之島3町長と個別電話会談へ(読売新聞)
<火山噴火>飛行禁止でがん検査の原料入荷難しく(毎日新聞)
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)
日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
[PR]

by y9e60vxzaj | 2010-04-25 01:24

<< 坂茂氏設計の美術館、フランスの...   求む先生、競走率高い県で1次突... >>