坂茂氏設計の美術館、フランスのメッスでオープンへ(産経新聞)

懸賞 2010年 05月 12日 懸賞

 【メッス=山口昌子】フランス北東部のメッスで11日、日本の建築家、坂茂氏が設計した美術館、ポンピドーセンター・メッスがオープンする。

 パリの現代美術館ジョルジュ・ポンピドー芸術文化センターの別館で、大きな帽子のような屋根が特徴の4階建て。フランス政府が「脱中央主権主義」を掲げて2003年に国際コンペティションで建築家を公募。157人の応募者の中から坂氏が選ばれた。

[フォト]「動く絵画」美術館完成 ベネチア、ピアノ氏設計
 メッス駅に隣接しており、市当局は「できるだけ多くの人に鑑賞してもらいたい」と述べ、市内の大寺院とともに観光の目玉にしたいと意気込んでいる。

 坂氏は応募に当たっては、「日本は意識しなかった。大きな屋根を作ることで市民の集まる空間を作りたかった」という。網状の屋根は「中国の竹の帽子」にヒントを得たという。

 ポンピドーセンター・メッスはポンピドー芸術文化センターの所蔵作品を自由に利用できる。12日からはピカソやマチス、ジャコメッティらの作品800点を「傑作?」と銘打って展示するが、700点はポンピドー芸術文化センターの所蔵作品だ。

【関連記事】
杉山寧のコレクション公開 企画展「ポーラ美術館の日本画」
美術館・博物館の活動支援 文化庁が39事業者選定
「日本から文化財を取り戻せ」日韓の新たな火種に
箱根・彫刻の森美術館、来館者3千万人達成
【Viva!ヨーロッパ】フランス・パリ サンジェルマン・デ・プレにモードの波
少子化を止めろ!

現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人−国際チームがゲノム解読(時事通信)
偽造障害者手帳で高速料金不正割引 連帯労組員10人逮捕 大阪府警(産経新聞)
<タンポポ>西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け(毎日新聞)
<JR埼京線>板橋駅で女性はねられ死亡 ダイヤ乱れる(毎日新聞)
<ゴッホ>ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)
[PR]

by y9e60vxzaj | 2010-05-12 13:48

<< サイバー選挙戦へ準備着々 ネッ...   成田足止めの外国人旅行客に、ど... >>