菅副総理 林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 01日 懸賞

 民主党きっての論客として知られる菅直人副総理兼経済財政担当相が26日の参院予算委員会で、麻生前政権で経済財政担当相を務めた林芳正氏(自民)から、子ども手当の経済効果を問いただされ、答弁に窮する場面があった。

 民主党の政権公約で10年度予算に盛り込んだ子ども手当(給付総額2兆2554億円)の経済効果について、林氏が質問。菅氏は「詳細な計算はまだしていない」などと明確な答弁ができず、審議が何度も中断した。

 林氏から経済用語の定義を次々と問いただされると、与党議員の説明を受け、ようやく切り抜ける場面もあった。

 菅氏はこの答弁の直前、自民党政権での公共事業を「1兆円出して、1兆円の効果しかなかった」と批判。結局、子ども手当については「(消費に回る)消費性向は0.7程度」と答弁し、経済効果が高くないことを認める結果になったが、「(少子化問題の解消など)別の効果がある」と理解を求めていた。【谷川貴史】

【関連ニュース】
通常国会:菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁
菅財務相:沖縄返還密約文書 財務省へ調査の徹底を指示
菅副総理:財務相就任後も官邸で会見「内閣全体に目配り」
為替:菅氏発言で閣内見解分かれる
菅財務相:「財政健全化の道筋示す」 S&P格付けで

「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪(産経新聞)
新幹線、停電で運転ストップ=新横浜−小田原間で沿線火災(時事通信)
<障害者施設放火>元世話人に懲役12年 横浜地裁(毎日新聞)
<通貨偽造>金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(毎日新聞)
<民主>陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」(毎日新聞)
[PR]

by y9e60vxzaj | 2010-02-01 17:05

<< 幼い娘の裸で小遣い稼ぎ、母「罪...   <奈良・若草山>春呼ぶ山焼き ... >>