【中医協】療養入基料、看護配置と重症度で2段階に(医療介護CBニュース)

懸賞 2010年 02月 07日 懸賞

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月3日の総会で、療養病棟入院基本料の点数を看護配置と重症度に応じて2段階に設定する改定案を了承した。厚生労働省の改定案には、現在は記録だけが求められている患者の状態像などに関するデータの提出を要件に位置付けることも盛り込まれた。

 療養病棟入院基本料に関してはこのほか、急性期病院の一般病床や介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、自宅などからの転院(入院)患者を病院の療養病棟や有床診の療養病床が受け入れた場合、受け入れ後早い段階の取り組みを評価する加算を新設する方向となっている。
 厚労省保険局の佐藤敏信医療課長は総会で、「重症や早期の患者、あるいはADLの低い患者を受け入れている病院はこれまで以上に評価するし、そうでないところは多少減額する」と説明した。

 療養病棟入院基本料は現在、入院患者の医療ニーズの高さ(医療区分)や日常生活動作の状況(ADL区分)などに応じて、A-Eの5通りの点数(750-1709点)が設定されている。

 来年度の診療報酬改定ではこれを、▽看護職員と看護補助者を患者20人に対し1人配置している▽医療区分2または3の患者が全体の8割以上-の条件を満たす場合に算定する「療養病棟入院基本料1」と、看護職員と看護補助者を患者25人に対し1人配置している場合に算定する「療養病棟入院基本料2」に再編。それぞれに9通りの点数を設定する。


【関連記事】
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意
【中医協】通院・在宅精神療法、病診で一本化へ
【中医協】有床診の後方病床機能を評価
【中医協】入院早期の加算引き上げへ、15対1は引き下げを検討
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議

教育の政治的中立 首相「当然」と答弁 衆参代表質問(産経新聞)
和歌山の仁坂知事 再選出馬へ  (産経新聞)
オリックス・小瀬選手 宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
鳩山首相 小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問(毎日新聞)
氷柱 荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父(毎日新聞)
[PR]

by y9e60vxzaj | 2010-02-07 07:00

<< <映画「蒼き狼」訴訟>角川事務...   <公選法違反>武山百合子元議員... >>